筋肉と脂肪のお話1 | 大宮駅前徒歩5分 パーソナルトレーニング seazons-シーズンズ-


FullSizeRender-300x225

前回「筋肉の大切さ」と言うお話をしましたが、
今日は筋肉と脂肪のお話をちょっとしたいと思います。

間違ったダイエットで「食べないダイエット」「極端な食事制限」「XXだけダイエット」などがあります。
一言で言ってしまえば大幅にカロリーを減らして、身体をドンドン削っていくわけです。(かなり荒削り)

 

脂肪も落ちないことはないのですが、筋肉を大幅に削ってしまいます。
その結果、リバウンドのリスクがグッと上がってしまうんですね。

 

身体にとって付き過ぎた脂肪は見た目も良くなく、また病的なリスクも増えます。
筋肉は見た目も素敵になりますし、運動レベルもアップして、いい事が多いです。

 

では、なぜ、人間の身体はいらない脂肪から積極的に落としてくれないのでしょうか?

 

筋肉が付いているとエネルギーを多く消費してくれますよね。
そして前の記事でも書きましたが、脂肪より重さがあります。
実は身体的にはこれが嫌なのです。

 

遥か昔に、食糧や、いつご飯にありつけるか分からなかった時代は、
多くエネルギーを消費して身体が重くなってしまう筋肉は生き延びると言う面ではネガティブになってしまうのですね。

 

脂肪は1g=9kcal、筋肉は1g=4kcalで、脂肪は何と筋肉の倍以上のエネルギーを蓄えることが出来ます。
なので食事が取れなかったら、まずは筋肉を削り、エネルギー効率の高い脂肪は、本当ギリギリのギリギリまで、
温存しておくようにできているんですね。

 

しかしそれは昔の話で、現代社会において食糧難や、いつご食事が取れるか分からない!なんて事はないはず。
むしろ、いつでも、どこでも取れてしまう。だからこそ、過剰になり肥満につながってしまいます。

 
落とすべきは脂肪(負債)です!^^