mailtwitter

【パーソナルジムを卒業する前にやっておくと得をする事】

IMG_107B40A733B6-1

~目次~

・トレーニングメニューを作ってもらう

・卒業後の食事アドバイスをもらう

・フィットネスジムに通いトレーニングの独り立ちに備える。

 

こんにちは、村田です。

今回はパーソナルジム卒業がせまっている人向けです。

 

本題に入る前に

パーソナルジムを卒業間近の皆様。

まずは、本当にお疲れ様でした。

期間は様々ですが通い切った自分に褒め称えてあげて下さい。

今まで知らなかった知識を学び、苦しいトレーニングを経て今ここに立っている自分。

うんと褒め称えてあげましょう。

「俺よく頑張った!」「やるじゃん私!」と

 

 

 

そして

ここからが本当のスタート地点です

 

あなたはもう、パーソナルジムに通う前にあなたではありません。

気がつかない内にあなたの意識は高まっています。

そのサインとして今まで心地よかった友人関係に違和感を感じていませんか?

もしそうなら、それは、あなたの意識が上がってしまったからです。

 

この上がった意識を元に戻すのか?

このまま高めていくのか?

 

今回は

このまま「意識を高めていきたい人の為」に記事をまとめました。

では本題に

 

 

【トレーニングメニューを作ってもらう】

 

 

専属で担当するジムとそうではないジムがありますが

トレーナーはトレーニングの知識が豊富です。

 

その為に卒業後に自分に合ったトレーニングメニューを

作ってもうら事をオススメします。

 

専属で担当するジムならトレーナーはあなたの身体の癖を見抜いています。

その為、あなたの特異な種目とコツ。適正な重量や回数も把握しています。

これはあなたが通い切ったからこそ、トレーナーが知れた貴重な情報です。

 

これを、フィットネスジムのトレーナーに求めても難しいです。

むしろ、その情報をフィットネスジムのトレーナーに伝えると

トレーニングメニューを作りやすいでしょう。

 

 

【卒業後の食事アドバイスをもらう】

 

 

卒業後の食事のアドバイスももらう前にも明確にしておく事があります。

 

・「さらに脂肪を減らしていくのか」

・「筋肉を付け、さらにメリハリを出したいのか」

・「今の体型をキープしていきたいのか」

 

ここを明確にすればトレーナーも答えを出す為に時間がかからないでしょう。

ただ、注意ポイントがあります。

 

「今の体型をキープしていきたい」と考えている人。特に女性に場合は

「筋肉を付ける」という選択をした方がリバウンドはしにくくなります。

 

理由が2

・キープは成果を感じられず挫折しやすい為

・女性の場合筋肉が付きにくく、落やすい為キープでは徐々に堕落する為

 

女性の場合向上する為のトレーニングをしていれば

落ちるという事ありません。

 

ただキープが目的だと「キープ」or「落ちる」という2

僕の経験上「落ちる」方が殆どです。

 

だから

女性こそ筋肉を付ける。というスタンスでの筋トレが

美しいプロポーションをキープする秘訣です。

 

もっと言うと

筋トレをしない女性の方が圧倒的に多い現在。

殆どの女性は年を重ねいくと勝手に老けていきます。

 

あなたの日々のトレーニングをすることで

周りが老けていくなか、あなたが維持、向上していくという事は

あなたの輝きは年々増すという事にも繋がります。

 

 

もう1度言います。

周りは勝手に老けていきます。

 

 

【フィットネスジムに通いトレーニングの独り立ちに備える】

 

卒業前にパーソナルジムに通いながらフィットネスジムに通う事をオススメします。

フィットネスジムに通うメリット

・自分に合ったマシン器具の使い方を知れる

・パーソナルジムでのトレーニングが飛躍的に向上する。

・卒業後に挫折しにくくなる。

 

通い出す時期は担当のトレーナーと相談するのが1番です。

ただし、中には体のコリが酷く1人でトレーニングをすると危ない状態の人もいます。

必ずしもフィットネスジムに通う事が正しいとは言い切れません。

 

 

担当トレーナーに自分はフィットネスジムで一人で

トレーニング出来るレベルなのかを聞く事もオススメです。

 

担当トレーナーからOKがもらえたとしてフィットネスジムに通うメリットをお伝えします。

 

『自分に合ったマシン器具の使い方を知れる』

 

筋トレには大きく

「フリーウエイト」と「マシン」

この2種類に分かれます。

 

パーソナルジムでの筋トレの殆どが

「フリーウエイト」

フィットネスジムに通うとなると

「マシン」を使ったトレーニングが主となるでしょう。

 

「マシン」でのトレーニングの特性を知っておくと

卒業後にスムーズにフィットネスジムに移行できます。

 

 

「マシン」の特性とは?

基本的にマシンは特定の部位を鍛える為だけに出来ています。

 

つまり

「フリーウエスト」で筋トレ技術の基礎を作り

さらにピンポイントのアプローチをする為に「マシン」を使う。

 パーソナルジムで「フリーウエスト」を経験している事が

とても大きな利点になるという事です。

 

 

あとは実際に「マシン」に触れ担当トレーナーにフィードバックを貰う。

あなたの身体の癖を知っているトレーナーだからこそ有益なアドバイスを貰えるでしょう。

 

ここまでやっていくと

自然と「マシン」でのトレーニングメニューも出来上がっていきます。

 

 

『パーソナルジムでのトレーニングの質が飛躍的に向上する』

 

今までトレーナーありきで行っていた筋トレを1人でやるのは不安が出てきます。

 

でも、それが狙いです。

 基本的にトレーナーが種目を考え、適正な重さを設定しています。

 それを自分で考えるという事が大切なんです。

 

これが独り立ちする為の大きなハードルでもありますが、

ここを超えると飛躍的にトレーニングの質が上がります。

 

はじめはなんとなくでいいです。

トレーニングを目的にしないで下さい。

器具に触れる事を目的にしましょう。

 

 

すると

パーソナルジムでの吸収率が変わります。

「なぜこの種目をやるんだろう?」

「なぜこの重さ設定なんだろう?」

「なぜこのストレッチをやるの?」

などなどたくさんの疑問が湧いてきます。

 

 

担当トレーナーは

あなたの身体の状態知りつつも

どのくらい伝えるかは、あなたが聞ける状態かを察知しながら伝えています。

 

必ず意味があるトレーニングメニュー

回数設定、種目選びをしています。

 

それを聞かないのは勿体無い。

あなたにとってとても価値のある情報をトレーナーは知っています。

 

トレーナーがいない環境で

トレーニングを行う事で

その価値ある情報を吸収できる状態になります。

 

そして

パーソナルジムでのトレーニングも飛躍的に向上します。

 

 

『卒業後の挫折しにくくなる』

 

パーソナルジムに通っている期間は

自転車の補助輪を付けている期間と似ています。

 

補助輪を外す時はみんな恐る恐るですが

いざ補助輪がいらなくなると自分の好きな所に自由に行ける。

 

この快適さを知ってしまうと

また補助輪を付けようとは思いませんよね。

 

大切なのは

「どこで補助輪を外すか?」です。

 

コース終了後にスパっと補助輪を外すのか?

トレーナーがいる内に補助輪を少しずつ外していくのか?

 

これを知らないでリバウンドとする人が殆どです。

 

パーソナルジムの価値を表面的に

「短期間でどのくらい痩せるか?」

に置くか

 

「いかに自分に合ったトレーニング技術を学び食事の知識を学ぶか?」

 

あくまでもハンドル握っているのは

トレーナーではなく「あなた」という事を自覚すると価値のある学びを得られます。

Share
こちらから質問を受け付けています!
こちらから質問を受け付けています!